バストアップに過剰なストレスは禁物

ストレスは身体に悪いと言われていますが、少しのストレスは人間にとって必要だと言われています。すべてのストレスが悪いわけではなく、過剰なストレスが身体に悪さをするのです。

バストアップにも過剰なストレスは良くありません。ストレスだけではなくて全てにおいて過剰になると良いことはないのですが、その中でもストレスが過剰になると身体にもバストにも悪い影響が出やすいようです。特に思春期の頃に大きなストレスを抱えていると、バストの発達が正常に行われなくなるようです。バストが自然に大きくなる思春期の頃にバストが成長しにくかった女性は、その当時に何か大きな悩み事を抱えていたのかもしれません。

それでは、思春期の頃にバストが成長しなかった女性はどうすればいいかというと、大人になってから大きすぎるストレスを抱えなければいいのです。もちろん成長期はとっくの昔に過ぎていますからその頃のようなバストの発達までは望めませんが、緩やかにバストアップできるとわたしは信じています。

わたしは思春期に大きなストレスがあってバストの成長が止まってしまいましたが、大人になってからストレスを避けているおかげでバストにハリがある状態をキープしています。

SNSでもご購読できます。